日日帖

物・からだ・習慣・日々の想いにまつわる記録

寒露

 

帰宅しようと飛び乗った

電車が、快速急行

自宅最寄駅を3つも先で下車し

折り返し電車が遅れていると

アナウンスが流れた

 

早く帰りたいけど

どちらが早いか迷って

結局歩くことにした

 

6時だけど、あたりは暗い

夜風はすでに寒かった

 

 

二十四節気では「寒露

北海道では霜が降りたそうだ

 

そういえば朝方

寒くて布団を鼻先まで

引き上げたような…。